美味しいものを買う近場散策

Mitsukojiの金柑キャラメルマーマレードを買いに行きました。

0321.jpg

実は全く知らなかったのですが、たまたま読んだブログにMitsukojiの金柑キャラメルマーマレードの話が書かれていて、「ほほう、そこまで絶賛されているのなら一度食べてみたい気はするな?」と思ったのです。

調べたら、丁度良いタイミングで苦楽園の器の店anjicoでの販売があるとのこと。

朝からいそいそ買いに行きましたとも。まさかジャムのために朝から列に並ぶ日が来るとは思いもしませんでしたね。人生、何があるか分かりませんな。

謎だったのは「1人2個まで」という制限。こういう場合、1人1個までなのでは?と思いましたが、お店の方が2個までと言うので友人分も合わせて2個買いました(ちなみに1瓶90gで1200円)(11:00に販売開始で11:48に完売したとのこと)。

食べた感想ですが、まぁ、あの………繊細な風味の金柑コンフィチュールって感じです。(正直、コメントしづらい)

即離脱して、散歩がてらに歩いて歩いて

0321_2.jpg

何となく入ってみました。

0321_3.jpg

イングリッシュプレートというメニュー。

夢が溢れてる可愛いお店でした。商売としてやってるというより、店主の方がこういうのが本当に好きで好きでやってるんだなぁとよく分かる感じ。「人生の楽園」の若いバージョンみたいな。

更にどんどん歩いて、友人お薦めの「喫茶室しじま」へ。

0321_4.jpg

気合を感じますね。

0321_5.jpg

バチバチと店主の気合をかなり感じますね、強い。絵面に圧がありますな。

店主の方が疲れすぎない程度に流行って継続してほしいですね(何故こんな風に思うかというと、この店と同じ路線のとある店がインスタ女子と称されるタイプの客の大量発生で店主の精神が死にかけている感じだったので…)

阪神電車に乗って、初めて杭瀬駅で降りました。

0321_6.jpg

目当ては杭瀬商店街(市場?)の中の豆腐屋さん(宮島庵)だったのですが、そこの豆腐を使っているという話だったので同じく杭瀬商店街の中にある好吃(ハオチー)食堂へ先に行きました。

0321_7.jpg

涼麺(リャンメン)、見たまんまの味なんですが麺がモチモチしていて美味しかったです。

0321_8.jpg

豆花(トゥファ)、これは画像では伝わらないですね…これは豆腐の味がダイレクトに出ていて、食べた瞬間に「あーっ、この豆腐美味しい!」と思いました。心の中でガッツポーズになりましたね、自分好みの美味しい豆腐って意外と巡り合えないので。

宮島庵のひろうす(がんもどき)が具沢山で美味しいという情報で杭瀬まで来ましたが、来て良かったです。美味しいひろうす(1個220円。安い)も買えて満足です。

0321_9.jpg

こじんまりとした商店街でしたが良かったです。

最近はこういう懐かしい空気を素直に楽しめるようになりました。