京都へふらりと一人旅

またまた新型コロナウイルスの感染者が増えてきて、他府県移動自粛っぽい空気がじわじわ漂ってくるのを感じます。

これは京都へ行く年内最後のチャンスなのでは? もう今しかないのでは?(自分に言い訳)

そんなわけでふらりと行きました、京都。

1つめは大本命、東福寺駅から歩いて8分くらいの新熊野(いまくまの)神社です。

1121.jpg

駅からの道、商店街が有ったりして意外と楽しいです。

1121_2.jpg

意外と寂れている模様……?(本当に私しかいなかった)

1121_3.jpg

この感じ、何となくワクワクします。

1121_4.jpg

良い…………この手作り感…昔からあるのではなく割と近年…良い……(このワクワク感は理解できる人と理解できない人がはっきり分かれそう)

1121_5.jpg

上まで進むと色んな展示が有ります。

1121_6.jpg

沢山有るので気になる人は現地で確認して下さい。

1121_7.jpg

なぜか「日本」ではなく「ジャパン」。

1121_8.jpg

八咫烏を拝みましょう。

1121_9.jpg

色んなものを拝見して終わりです。

それにしても本当に人がいない、新型コロナのせい…? 元々そんなに人が来ないなんてことある…?

1121_10.jpg

八咫烏の置物が欲しかったのです。

1121_11.jpg

正式名称は「身代りおからすさん」でした!

1121_12.jpg

めっちゃ良くないですか? 煩悩を焼き尽くし心を浄化する一対の八咫烏…! かっこいい!

インターホンを鳴らして中の方に出てきて頂いて購入したのですが、この八咫烏の置物や神について物凄く詳しく説明をして下さいました。過去に神社でここまで丁寧に話を聞かせて頂いたことがあっただろうかというレベルです。凄い。

「ほ…本物の信者さんだ……」と感動する私。これはご利益が通常の1億5000倍くらい有る! バイトの大学生が売ってるお守りとは含まれている信仰心の重さが桁違い…!

良きものをお迎え出来ました…有難うございました(感動)

1121_13.jpg

後白河上皇が手で植えた…? 手で直に…?(そこは気にするところではないと思う)

1121_14.jpg

普通に近くまで行けるんですよ、凄くないですか?(よく分かってないので気にしないでください)

新熊野神社、めっちゃ良かったです。行って本当に良かった…年に一回は願掛けに行きたいですね。

ところで新熊野神社から東福寺駅へ戻る時に東福寺へ行く人の群れと遭遇したので「一回も行ったことが無いし、東福寺へ寄ってみるかー」と思って群れに紛れて行ってみたのですが、あまりにも人が多いので有料部分のところには入らず、ぐるっと回って駅へ戻りました。

東福寺って東福寺駅から距離が結構有るんですね…全く位置を確認せずに群れの流れにのってしまったので途中で後悔しました(予習してないとこうなる)。

大盛況でした、東福寺。

本日2つめの目的、リプトン三条本店。

リプトン|Sir Thomas LIPTON

1930年8月1日、京都に「リプトン本社直轄喫茶部」をオープンして以来、紅茶を愛し育ててきました。ロンドンの紅茶文化をお客さまへ。

https://www.lipton-teahouse.jp/

普通すぎて(?)他の人を誘うことが出来ないのです…みんな京都へ行くと有名店へ行きたがるじゃないですか…なので一人でしか行けないのです。

12時台には入店したのですが(中が広くて席数が多いので待たされることも無く入店出来た)、リプトン卿のカレーは売り切れてました…残念。

仕方ないので海老フライとハンバーグランチ(1500円)を選びました。

1121_15.jpg

おっ、これはこれは! なんと、美味しいじゃないですか、最近私が食べた洋食の中では間違いなく1位ですよ、これはちゃんとした洋食。

ハンバーグがちゃんと肉の味がして美味しい、ご飯も硬かったり保温の臭いが強かったりもしない、これは素晴らしいです。

えー、リプトンはランチでこんな普通に美味しい洋食を出すのか…

ということは他のメニューも良い感じなのでは? 次は14時以降のメニューを食べてみたいですね、気になる。

ラスト、3つめの目的は永楽屋 喫茶室です。

永楽屋 喫茶室

京都の佃煮と和菓子の老舗、永楽屋の喫茶室。季節の生菓子や抹茶パフェなどをお楽しみ頂ける老舗の甘味処です。

http://cafe.eirakuya.co.jp/

ここもなかなか他の人は誘いにくい…大体みなさん他にお目当ての甘味処やらカフェやらがあったりするので…(何軒もお茶を飲むのも大変ですしね)。

目当ては期間限定(11/1~2/28)の栗ぜんざい(1100円)です。

1121_16.jpg

蓋を開けると…

1121_17.jpg

栗の餡の中に餅が! その餅の中には栗が入ってます。

美味しかったです、幸せの味がしました…行って良かった…また行きたい………(河原町なのに一人客でも問題無く入店できるところがまた良い)

帰りは前回と同じく京とれいん雅洛に乗りました。

1121_18.jpg

前回より混んでました。やっぱりだんだん人(観光客)が戻ってきてるんですね。

1121_19.jpg

一人席も良いです。

身代りおからすさんは小さな箱に入っているのですが、京都を歩き回っている時にどうしても荷物が揺れてカタカタと音がしていたので、家に辿り着くまでに壊れないか少し不安でした。(割とあっさり壊れますよと神社の方が言われていたので)

1121_20.jpg

何とか無事でした。

1121_21.jpg

可愛い守り神をお迎え出来て良かったです。