兵庫県で一番美味しいひろうす(がんもどき)を探して

伊丹へ運転免許の更新に行ったら更新センターへ入るまでに長蛇の列が発生しており、日陰の場所で並ぶことになり風も強くて身体が冷えて死にました。

よりによって気温を読み違えて若干薄めの服装で出てきてしまったため、この日はひたすら寒さに震えながらの移動になりました。

JR尼崎から阪神バスで杭瀬へ簡単に移動出来るんですね。

0224.jpg

目当ての市場は駅からちょっと離れているので、JR尼崎からバスに乗った場合は終点の駅まで行かずに「杭瀬団地」か「杭瀬」で降りたほうがいいような気がします。

0224_2.jpg

ワクワクします。久しぶりにまた来れて嬉しい。

今回も行きたかった好吃(ハオチー)食堂は残念ながら4月リニューアルオープンで今はお休み中なので、宮島庵のみ目指します。

0224_3.jpg

うっうっ、嬉しい。今回ももちろんひろうす(がんもどき)を買います。平日は1個240円。

このひろうすをまた食べたくて食べたくて仕方なかったので、今回も買えて満足です。

0224_4.jpg

次に目指す豆腐屋はJR沿線なので、再び阪神バスに乗りJRへ移動します。

0224_5.jpg

阪神杭瀬のバス停から乗れるバスは全てJR尼崎を経由するようです。ちなみにICカードは乗る時に(前方で)タッチするだけです。

JRで甲南山手駅へ移動しました。

というのもJR甲南山手駅近くのセルバ甲南山手の中に美味しいひろうすを作る豆腐屋が入っているという情報を見たからです。

公式サイトにはまだその情報が載っていたので何も考えずに行ってみましたが、目当ての豆腐屋はなんと閉店。

定休日ではなくて、完全閉店。

うーん、一足遅かった…。

というわけで甲南山手では何も得られず。仕方ないので次は第3目的だった豆腐屋へ向かいます。

甲南山手駅から摂津本山駅へ移動し、そこから阪急の岡本駅へ徒歩移動。更に岡本駅から王子公園駅へ移動しました。目当ては水道筋にある佐藤とうふ店です。

0224_6.jpg

綺麗な豆腐屋さんです。神戸って感じです(?)。商品は剥き出しではなくガラスケースの中に入っています。

ひろうすなんですが、4個で一盛りだったんですよね。で、220円と記されていたのですが、なんとひろうす1個あたりは驚異の55円。私は2個買ったのですが、お店の方に「110円です」と言われた瞬間、「えっ? 110円とは?」となりました。

商品を渡されてすぐに気がつきました。軽い。明らかに軽い。これは割と世によくあるタイプのひろうすです。要するに私の求めているどっしりぎっしり重いひろうすではない……。

このままでは帰れぬ……。

こうなったらもう一店行くしかない。一応下調べしておいて良かった。

しかし、なんと次の豆腐屋もまたJR沿線です。しかもまさかの尼崎。逆戻りです。なんてついてない! 効率悪い! こんなに寒いのに!

とりあえず、阪急で岡本駅へ戻りました。

岡本駅といえばフロイン堂ですね。歩いてる人々がやたらみんなフロイン堂の袋を抱えていて「凄いなー」と思いました、本当に。 せっかくなので、ちらっと覗きに行ってみました。

0224_7.jpg

当然、予約無しで買えるものなんぞ無く。知ってた知ってた。(一時期よりまた人気が高まっている…?)

0224_8.jpg

摂津本山駅のホームで寒さに身も心も震える。

摂津本山駅から立花駅へ移動しました。

目当ては「白い虹 安心堂」という豆腐屋です。ここがラストです。

0224_9.jpg

うむうむ、なかなか良い感じですね。これは期待してしまいます。

0224_10.jpg

ひろうすが無い!!!!

嘘でしょ……ここまで来てこの仕打ち…豆腐の神よ………。

「ひろうすは作ってないわー」と言われました。マジですか。そんなそんな…!!

悲しみに暮れていても仕方ないので「オススメはどれですか」とお聞きしたところ、やはり豆腐だと。そりゃそうですね、知ってました。

最後の店なので素直に豆腐を買いました。ふわふわで美味しい豆腐でした。あと、画像に写っている湯葉トロ丼(味が付いている豆乳クリームと湯葉という感じの商品。そのままご飯にのっけると湯葉トロ丼が出来上がる)を買ってみたのですが、これが最高に美味しかったです。素晴らしい。

あと兵庫県でひろうすが気になる豆腐屋は湊川の原とうふ店なのですが、水曜定休日で今回はルートから外しました。はらドーナツがそんなに…という印象なので、ちょっと予想がつきません。またの機会に行ってみようと思います。

でも、もうこの時点で「兵庫県で最もぎっしり重く大きな美味しいキングオブひろうすは杭瀬の宮島庵のひろうすである」と言ってもいいような気がしてきました。

今はミニがんも(ミニサイズのひろうす)が流行りなんですかね。定着しちゃってますね。

帰りにうめだ阪急を覗いたら面白そうなものが売られてました。

0224_11.jpg

ケトローフとかいう商品。もちろん私は知りませんでした。

皮付きのアーモンドパウダーとココナッツパウダーをベースに、メレンゲ状の卵白やエキストヴァージンオリーブオイルをブレンドした生地を、10~15分ほど発酵させ、ふっくらと焼き上げる。

グルテンの代わりにチアシードやオオバコに含まれる食物繊維で粘りを出し、有機リンゴ酢で、ほんのり甘みをプラス。

オサレ健康食品系パン?

0224_12.jpg

食べてみましたが、何と表現したら良いのか…。

生焼けのパウンドケーキみたいな…失敗して湿気たシフォンケーキみたいな…(卵白が多く使われているのでそりゃそうよなという気もする)

不味くは無いです。むしろほんのり甘くて美味しいと思うのですが、パンの代用としては微妙だなという印象。

ひろうすが予想していたより沢山買えなかったため何か他にも買いたいという気持ちになりまして、更に練り物を買いました。

0224_13.jpg

通りすがりにてきとうに買ったのに美味しい!! まさかこんな偶然の出会いがあるなんて、うーん、分からんもんですなー。

大阪市平野区の魚竹蒲鉾店のブランドの一つっぽいのですが(親族経営店とかそういうのかもしれないけれど分からない…)、データが引っかからなかったです。百貨店出店時のブランドなんですかね? ちょっと何なのか分かりませんが、最高に美味しかったです。ここは見かけたらまたぜひ買いたい。

珍しくあまりに人がいなくて店員さんがぼんやりしていた芦屋の竹園にも釣られました。

0224_14.jpg

実は今まで買ったことが無かったのです。並んでる人達を見るばかりで。というわけで「関西人なら一度は食べたことがあるものを私も食べてみたい」シリーズです。

0224_15.jpg

コロッケとメンチカツを買ってみました。メンチカツは確かに美味しかったのですが、「ここまで甘くしなくても良いのでは」とも思いました(市販のコロッケやメンチカツを基本的に食べない人の感想)。

宮島庵のひろうすの断面です。

0224_16.jpg

この具材ぎっしり重厚感。そして豆腐の密な感じ。私はレンジで温めるのみでそのまま食べます(味は付けない)。

0224_17.jpg

これは神戸の佐藤とうふ店のひろうすの断面。こっちのほうが世間一般でよく見るひろうすですね。美味しいですが、軽いです(なんせ1個55円ですから…)。日々の手軽なおかずとしてはこっちが好まれるのも分かります。

美味しいひろうす探索はひっそりまだ続けようと思います。