2022初京都

久しぶりに頑張りました、朝3時起き。

京都・清水五条のレバノン料理 汽(き)

汽(き)は、ミシュランに選ばれるなどフランス料理で腕を磨いたシェフが、自ら野菜づくりから携わり畑で取れた旬な食材を中心にレバノン料理を提供します。オーガニックな食材にこだり安心安全で健康に良い美味しい食事と鴨川と高瀬川に挟まれた風情を楽しみながら、楽しい時間をお過ごしください。

モーニング 8am-10am (9:45am l.o) 20食限定

ランチ 11am-3pm (2:45pm l.o) 売切御免

https://www.instagram.com/ki.kyoto/

「ミシュランに選ばれるなどフランス料理で腕を磨いたシェフ」とは知りませんでしたわ…そうですか…(ミシュランに選ばれる店なんてもちろん縁が無さ過ぎて1mmも興味が無い人の感想)。

「インスタでよく見かけるレバノン料理が売りの店のピタパンで挟むアレを一度食べてみたいよな~」という軽いノリで行きました、朝3時に起きて。

「朝8時から営業で朝食は20食限定。もちろん朝から並んでいる」ということで頑張りましたが、私が着いたのが7:55。朝3時に起きて頑張っても清水五条駅に着くのが7:42なんですよね…兵庫の山奥民ですゆえ………。

7:55に店の前に着いて、私が7番目の客でした。正月明けの土曜日なのにラッキー。いやまぁ実際のところ毎日どれくらい朝食で並んでるのか知らないので何とも言えませんが。

0108.jpg

大きな一つのテーブルを皆で囲んで食べる形式です。一人客は私以外にもちょこちょこいたので、1人でも大丈夫です。安心して行きましょう。

0108_2.jpg

インスタでよく見かけるそのままのビジュアルですね。Googleマップのクチコミに外国人の方が「飲み物のマンゴーライム唐辛子がめっちゃ美味しかったのでおすすめします」と書かれていたので、それを選びました(寒かったのでHOTを選びました)。驚くほど美味しいというほどではなかったけれど、マンゴー系ドリンクが好きな人なら普通に満足する味です。

0108_3.jpg

ピタパンにちょっとずつ混ぜる感じで詰め込んで食べるわけですが、別にピタパンに何か濃い味があるわけではないですし、無理に詰め詰めしなくても良いと思います。要するに混ぜて食べてねということなんで、皿の上で混ぜて食べても良いですね。私はピタパンに挟まない方が食べやすいし味が分かりやすくて好みでした。

行く前は「言うてもインスタ映え系だしな、どうだろうな」と思ってたのですが、隙が無いです。どれもちゃんと美味しい。美味しいとしか言いようが無いです。見た目より美味しいと思いますね。

ちゃんと美味しいので、いつでも普通にちょっと並ぶ程度で食べられるならまた食べに行きたいなと思う店です。極寒の中、45分並ぶ(←クチコミの人が書いていた)ほどかというと難しいところですが…。

ついでに初詣に行くことにしました。

0108_4.jpg

私が初詣に行くならここしかないでしょうということで、

0108_5.jpg

東福寺駅から歩いて新熊野神社へ参拝に行きました。相変わらず良い寂れ具合の神社ですね。私は今でもちゃんとあの八咫烏(身代わりおカラスさん)を2体飾ってます(まだ壊れてない)。

ルカフェドブノワの「京都人のお正月」(7,700円)にも行きました。

0108_6.jpg

相変わらず干菓子の楽しみ方がよく分かりません。

0108_7.jpg

人生初の花びら餅です。「これがあのゴボウが使われているという花びら餅という物か…」と思いながら食べましたが、予想以上にゴボウで驚きました。強い。この花びら餅は鍵善良房のものだったのですが、味は好みでした。美味しいですね。他の和菓子屋の花びら餅も食べてみたいです。

0108_8.jpg

鯖寿司は去年と同じく、いづ重。個人的にはやっぱりもう少し脂がのった柔らかい鯖寿司のほうが好きです。

0108_9.jpg

店主さん手作りのお雑煮、今年も美味しくいただきました。

味がかなり濃かったのですが、我が家はちゃんとしたお雑煮を作らない家なので(何もかもが大雑把…冷蔵庫に残った野菜をてきとうに汁にぶっこむ)、こういうちゃんと手のかかったお雑煮を食べさせてもらえるだけで割と嬉しくなります。

帰りに久しぶりにイノダコーヒーへ寄って、レモンパイも食べました。

0108_10.jpg

レモンパイを置いている店が少ないのでつい「じゃあレモンパイで…」となってしまうんですよね…。そろそろ学習したい。次は違うものにしなくては…。