暑さが酷い

久しぶりに姫路からA氏が来られる(しかもその理由は「山ピクミンの苗を取るために山に登る」)ということで、私は「いってらっしゃ~い」とお見送りに行きました(基本的にA氏が行く時は過酷なことが多く、どう考えても私は足手まといになるので付いて行かないようにしている)。

0702.jpg

公園の待機場所でお茶を飲むだけのお仕事。

前日が本当に恐ろしい暑さで、我が部屋は室温が夜になっても35度だったのです。A氏にそれを言ったら真面目に「死にますよ」と言われました。

それでですね、アイスノンの枕を導入したのです。白元アースのアイスノンソフトという商品です。

「なんかアレでしょ、凄く冷たいけどカチカチだから当たりの硬さで頭が痛くなるやつ。柔らかくなったら溶けてるってことで結局だんだん熱くなるんでしょ、知ってる」とか思ってたのですが、思っていたよりは使えるアイテムでした。しっかり冷凍してタオルでぐるぐるに包んでおけばエアコン無しの猛暑部屋でもそこそこ長く冷たいまま。

問題はやはり硬いゆえに頭や首が痛くなるところですかね。あと、結構な時間、頭や首が冷やされたままなので起きた時にその温度差でより暑いような気がしてしまうところですかね。

その辺りを我慢出来たら割と使えるアイテムですね。持っていない人は買っておいても損は無いのではないかと。

しっかり冷えたアイスノンの枕にSleepbuds IIという組み合わせ、なかなか良いですよ。(リラックスして眠りたい時は「Portal」がやっぱり一番好み。外の音を打ち消したいならやっぱり「Rinse」かなぁ…本当に買って良かったSleepbuds II)