終わりが見えてきた

ギリギリまで「人生の楽園」(おっさんが家族から離れて自由気ままに一人生活する的なアレ)的な独居生活をしてきた超絶ワガママな高齢父がついに自力で食事を取れなくなったため、病院に入れてきました。

いずれはまとめ的な記事も上げようとは思うのですが、まぁ、この時点で既に大変でしたわ…かなり疲れましたわ………。

医師からは「いつ死んでもおかしくない状態」と言われたので、毎日がロシアンルーレットです。

今日は自分の通院で地元の病院へ行って、帰りに久しぶりのカレーを食べました。

0214.jpg

美味しいカレーとナンを食べる幸せ。思わず笑顔になってしまうくらい。

というのも、父親を入院させた病院の中のカフェで不味いパスタを仕方なく食べたことがずっと心に引っかかっていてモヤモヤしてたからなんですね。まぁ、タリーズなんですけど。別にタリーズだけじゃなくてチェーン系カフェの冷凍パスタはそんなもんだろうなと予想はしていたものの(今まで食べたことが無かった)、本当にげんなりしてしまって。ただでさえ精神も身体も疲労しきってる時に冷凍パスタなんぞ食べてはいけない…本当に…。コンビニのおにぎりのほうがマシ。

この先、病院で長時間待機することはないだろうと思いつつ、時間潰し用の本を買いました。

0214_2.jpg

あまり私の好みじゃない感じっぽいなと思いながらも(私は基本的にネガティヴ思考で偏屈な人間なので)、日記形式なので何とか。

iPhoheでピクミンをやったりイングレスをやったりして時間はそこそこ潰せるのですが、あまりに長いとやっぱり暇なんですよね。iPod Touchで音楽聞いたりもしつつ(モバイルバッテリーは常に持ち歩いているとはいえ、やはり音楽再生用端末はメインのスマホとは分けてるほうが良いなーと改めて思った…)。