救済策が全員を幸福にするとは限らない

私が「そろそろイングレスも休止しないとね…」と思い始めた2019年秋。

フィールドテストという初めてのイベントが開催されることになりました。

0914.jpg

兵庫から行くと福井県福井市か三重県亀山市のどちらか。

私は福井を選びました。

梅田から高速バスで遠路はるばる福井市へ。(徳島より遠い…)

0914_2.jpg

定番のソースカツ丼、完全に見た目通りの味です。私は好みでしたが、「そんなに…」と言う人の気持ちも分かります。

兵庫だと加古川市に「かつめし」という名物がありますが、あれよりは美味しいなと思いました。(かつめしに関しては期待しすぎたのが良くなかった、そして見た目と味に微妙なズレがある料理だと個人的には思う)

0914_3.jpg

イベント開始前に集まるイングレスの人々です。(集合写真の撮影はもちろん有ったけれど私は遠くでその様子を見ていた)

私は案の定、完全に出遅れまして(なんせぼっちなので他の人からの情報が無かった上に、開始前にぼんやりしすぎた)

0914_4.jpg

それでも頑張った結果、クリア出来ました。(参加者は215人いた模様)

完全に見知らぬ土地でぼっちでPrimeがまともに動かない上に自分の進行状況の確認も出来ない(出来ると知らなかった)中、本当によく頑張った…。

クリアできるとプロフィール画面にメダルが追加されるのですが(上位の人は特別なメダル)、この日、様々な不具合があり(サーバーエラーとか色々)救済策として「参加者全員にメダル付与」というオチが付きました。

…………………。

分かるけど分かるけど分かるけど、それは酷いわ………というのが私の正直な感想。

普通に悲しかったです。(と思うくらい私は自分なりに頑張ったつもり)

どうでもいいんですが、持って行ったモバイルバッテリーが死んでいて帰りの道中ハラハラしました。iPhoneの電源が今にも落ちそうで。

0914_5.jpg

最後ちょっと悲しい思い出になってしまったので、別の機会に福井にまた行ってみたいです。