爆音に負けた

「DJ Nobby meets EVIS ROCK FESTIVAL!!」というライブを観に行きました。

1228.jpg

前回(?)も観に行ってました。

0217.jpg

要するに「葉山久瑠実の生歌を近場で聞きたい」というそれだけの気持ちで。

日食なつこ経由で知って、そこからハマりました。

どの曲も最高なのですが、私が最初に買ったアルバムが「いてもいなくても一緒だよ?」。

その後、「嫁入り困難」を買い、「レッツゴーあの世」は予約して買いました。

最新アルバムは「ファインセンキューアイワナダイ」。

このライブで入手出来るということで発売日は我慢し、物販で無事にCDを入手しました(サインも入れて頂けたので大変嬉しい)

1228_2.jpg

しばらくは「ファインセンキューアイワナダイ」ループです。

さて、今回のライブの話。

目玉がKING BROTHERSだったんですね。

申し訳ない、本当に欠片も知らない。兵庫県民だけど許してほしい。 事前に一応ちらっとYoutube見たんですよ。まぁ、私の守備範囲外です。完全に興味の無いエリアです。ありがとうございました。

そんな感じで特に何も考えずにライブで聞いたわけなんですけども、めっっっちゃくちゃ音がでかい。超絶爆音。

鼓膜が音に殴られて死ぬ。

そういう文化もあるというのはもちろん知ってるけども、あくまでもさくらFMが関わってるライブという認識だったし、事前の注意書き(耳栓が必要とかそういう)も無しで爆音浴びせられるとは思ってなかった。(ライブ前に音量が厳しい人は出るようにという説明はあったけれど、予想をはるかに超えていた)

客の鼓膜を潰す勢いの爆音、若い頃なら「ここで会場から出たら負けよな…」と思って辛くても我慢して耐えていたと思います。

3曲目くらいで「あー、これは無理だわ、このまま爆音に晒され続けたら聴覚が死んで数日は間違いなく再起不能だ」と思い始めて、近くにいた女性客が爆音に耐え切れず席を立った瞬間「このタイミングしかない」と判断して一緒に出ました。

いやはや、歳を感じます。

こうやって老いていくんだなーとしみじみ思いました。